ホーム > 会長挨拶

輝いて生き生きとした人生を


 かつて東京都心部に回復期から生活期のリハビリテーション医療サービスの提供拠点はほとんど存在していませんでした。当時の都心部はリハビリテーション医療砂漠の状態でした。こうした状況を打破するために、平成14年に医療法人輝生会を設立し、初台リハビリテーション病院の開設に始まり、この16年間でリハビリテーション医療サービス拠点の整備を推進して参りました。現在では、在宅総合ケアセンター元浅草、在宅総合ケアセンター成城、船橋市立リハビリテーション病院、船橋市リハビリセンターの計5カ所の拠点が整備され、常勤職員数は240名から1,200名へと5倍に増加し、その活動も軌道に乗ってきたように思えます。法人開設当初から「寝たきり」を作らない医療サービスの提供をモットーに、「One for all,All for one」の精神でチームアプローチの推進に努め、各拠点における提供サービスの質を高く保ち続け、スタッフの教育研修には最も力を注いできたところです。このたび、幹部の若返りをはかり、さらなる飛躍を目指そうと考え、新たな執行部体制に変更することにいたしました。今後は、会長職に退くことになりますが、当法人の基本思想は何ら変わることはありません。何卒これまで以上にご支援くださいますよう、よろしくお願い申しあげる次第です。

医療法人社団 輝生会 会長 石川誠

法人紹介

採用情報

就職説明会カレンダー

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

ページの先頭へ戻る